Posted by at

2016年06月21日

大橋直久「冬の間の管理がポイント」

ミカンは、気温が急に低下すると実が落ちやすく、冬の間の管理を上手にするのがコツです。

ミカン類は平均気温が15~18度が適温で九州から神奈川県、千葉県の南部まで経済栽培のできる地域です。

冬の最低気温がマイナス5度C以下になると、十分熟す前でも落果します。

東京都内では比較的暖かい都市気候のために、趣味的栽培はできますが、苦味のあるものが多いのは気温の低いせいです。

冬の気温の低い地方では、鉢植え栽培で冬は室内などで防寒して楽しむとよいでしょう。

ウンシュウミカンでも興津早生は鉢づくりに適した品種で、味もよく寒くなる前に収穫ができます。

冬の寒さを防ぐには、まず建物などの南側で日だまりに植え、樹上にコモや寒冷紗をかけてやります。

木の枝全体に日光が当るように、開心自然形に仕立て、幼木中はあまり剪定せずに、花が咲きはじめたら密生する枝を間引くようにします。

枝葉が繁るからといって、一般の庭木のように剪定しすぎると実成りが少ないばかりか、樹勢を弱らせる原因になるので注意します。

肥料は1度に多くやるよりも3月、6月、10月などに3~4回にわけて少量ずつ施します。

ミカンは中性土を好むので石灰もわすれずに。

アブラムシ、アゲハの幼虫、ハダニなどは5~9月にかけて防除につとめます。

大橋直久(ホスピタルマナー)
  


Posted by 大橋直久 at 17:17大橋直久

2016年06月11日

モモは植えかえをさける

実モモは木の寿命が短く、植えかえには弱いので、なるべく植えかえはさけます。

モモの寿命は15年ほどで短く、その後は実成りは少なくなります。

1~2年生の苗木の植えかえは、その後の生育に特に影響はないが、実のなる成木を植えかえると、その後の生育が悪いものです。

モモは植えかえなくてもよいように、最初に適当な場所をきめて植えつけます。

日当り、水はけのよい場所に植え、湿地では根ぐされの原因になります。

植え穴は大きく掘り、堆肥、腐葉土を多めに入れて植えます。

モモの品種は多くありますが、自家授粉できない品種が多いので、花粉をもつ布目早生、岡山早生、白鳳、大久保、興津などの品種が家庭果樹むきです。

このほかに大きくなっても数メートルほどの倭性なボナンザ・ピーチ種があり、鉢植えでも楽しめます。

樹形づくりはあまり気にせずに、適当な高さで芯止めして、こみあう枝を間引きし、実のなる位置が高くなりすぎないようにします。

ウメと違って20~50センチに伸びた枝に花芽分化するので、長い枝は3分のーぐらい切り戻してもよいが、全体に間引きで整姿します。

果実1個について15~20枚の葉を目安に良果を残して、5月中下旬に摘果し、病虫害防除を兼ねて袋がけすると良果が得られます。

肥料は12~1月に有機質肥料を施し、5月下旬に化成肥料を少量追肥します。

大橋直久(ホスピタルマナー)
  
タグ :モモ鉢植え


Posted by 大橋直久 at 12:17

2016年06月01日

大橋直久「来客応対」

来客を応接室に案内するときは、
廊下では2~3歩先に立って斜め前を歩き、ドアを開けてエスコートする。

■廊下を歩くとき
応接室への案内は、ただ導けばいいというものではない。

もてなす姿勢が相手に伝わるような、ていねいな案内が求められる。

廊下では2~3歩先立って斜め前を歩き、階段では手すり側を来客にゆずり、上りでは来客を先にして、下りでは自分が先に歩くのがマナー。

応接室やエレベーターでは、来客を先に通すのが決まりだ。

曲がるときは立ち止まって、手で曲がる方向を示す。

■応接室に入るとき
一般的な応接室の椅子の配置は、入り口に近い方に1人用の肘掛け椅子が2つ。

遠い側に長椅子というスタイル。

長椅子を来客に勧めるのがマナー。

複数の来客の場合は入り口から遠い奥が上席になる。

課長と一般社員の2人組なら、まず課長に奥の席を勧めてから一般社員に勧める。

訪問を受ける側は、1人なら入り口に近い椅子に座る、2人なら入り口に近い椅子に下位の人間が、隣に上司が座る。

上司同士が対面する形になる。

大橋直久(ホスピタルマナー)  


Posted by 大橋直久 at 13:00大橋直久