2017年03月12日

「電話の無記録性を補うには用件の復唱確認を」

電話はテレビと似て、形に残りません。

こんなにこころもとないものなのに、ビジネス上では欠くことのできない重要な道具になっています。

今後もますます電話の重要性はましてきます。

電話の応対で失敗しないためには、内容を記録することですが、せっかく記録として残しても、まちがえてはなんの意味もない。

ところが、このうっかりミス、誤解、早合点によるまちがいというのは、かなりあるのです。

これをなくすためには、相手の用件、その他をメモしたら、それを復唱確認することです。

聞いたことを相手にもう一度自分の言葉で伝え、聞きちがいがないかを確かめるのです。

大橋直久(ホスピタルマナー)



同じカテゴリー(マナー)の記事
 「見合いの服装・席次」 (2018-08-20 12:00)
 「仏前結婚式の進行 その2」 (2018-05-26 09:57)
 司会者のマナー (2018-03-09 14:25)
 「結婚のお祝いの品物の包み方」 (2018-01-18 08:00)
 「両親の結婚式・披露宴にのぞむ服装 その1」 (2017-12-08 16:12)
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)

Posted by 大橋直久 at 10:17 │マナー