2017年06月22日

「親子の杯」

三々九度の杯のあと、別室に移り、親子の杯を行います。

新郎の両親が上座に座り、新婦が下座に座り、まず新郎の父が一の杯を乾し、その杯を新婦へ、再び新郎の父に返します。

続いて、新郎の母がこの杯を受け、それを新婦に回し、新婦は杯を乾し、新郎の母に返して、親子の杯が終わります。

杯ごとの席に親類が参列する時は親子の杯を略し、そのまま親族固めの杯をすることも多いようです。

大橋直久(ホスピタルマナー)



同じカテゴリー(マナー)の記事
 「見合いの服装・席次」 (2018-08-20 12:00)
 「仏前結婚式の進行 その2」 (2018-05-26 09:57)
 司会者のマナー (2018-03-09 14:25)
 「結婚のお祝いの品物の包み方」 (2018-01-18 08:00)
 「両親の結婚式・披露宴にのぞむ服装 その1」 (2017-12-08 16:12)
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)

Posted by 大橋直久 at 12:02 │マナー