2017年08月18日

「ビュッフェやカクテルの披露宴では、お客は帰りの挨拶をしないほうがよい」

ビュッフェやカクテルの披露パーティは、テーブルに飲みもの、料理などを並べ、好きなものを自由にとって食べる立食式です。

ビュッフェ・パーティは食事時間に、カクテル・パーティは夕方五時ごろから開くのがふつうです。

形式ばった午餐会や晩餐会などにくらべて、席次などに気を使わずにすみ、招くほうも、招かれるほうも気楽なので、最近は披露宴にもさかんに利用されます。

この種のパーティは、二時間ぐらいとってあるのが通例で、その時間内なら好きなときに出かけ、都合のよいときに退出してもいいことになっています。

主人への挨拶は到着したときにして、帰りぎわは、ソッと目立たぬように消えるのがスマートです。

大橋直久(ホスピタルマナー)



同じカテゴリー(マナー)の記事
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)
 「食事は、まわりの人の食べる速度に合わせる」 (2017-07-28 14:28)
 「親子の杯」 (2017-06-22 12:02)
 「洋風披露宴の進行のしかた その2」 (2017-06-02 14:18)
 「洋風披露宴の進行例 その2」 (2017-05-12 12:15)
 「かけるときはまず自分から名のるのが常識」 (2017-04-02 15:04)

Posted by 大橋直久 at 07:30 │マナー