2018年01月18日

「結婚のお祝いの品物の包み方」

包み方としては、奉書などを二枚重ねるか、一枚を二つおりにするかして使います。

折ったとき、タテの場合は折り目が左、ヨコの場合は下になるようにします。

品物を紙の上に置いて、左から紙を右に折り、次に右からかぶせます。

この逆ですと「左前」といって弔事の包み方になりますから気をつけてください。

大きな品物であれば、包装紙などで包み、上に奉書をかけるようにすればよいでしょう。

その上に水引きをかけ、のしをつけます。

包み終ったら上段には「寿」あるいは「御祝い」と書き、下段にはやや小さく自分の名を書きます。

これで贈り物の用意はでき上がります。



大橋直久(ホスピタルマナー)



同じカテゴリー(マナー)の記事
 「仏前結婚式の進行 その2」 (2018-05-26 09:57)
 司会者のマナー (2018-03-09 14:25)
 「両親の結婚式・披露宴にのぞむ服装 その1」 (2017-12-08 16:12)
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)
 「ビュッフェやカクテルの披露宴では、お客は帰りの挨拶をしないほうがよい」 (2017-08-18 07:30)
 「食事は、まわりの人の食べる速度に合わせる」 (2017-07-28 14:28)

Posted by 大橋直久 at 08:00 │マナー