2018年08月20日

「見合いの服装・席次」

・見合いの服装
男性は上下そろいの落ち着いた色合いのスーツ、女性は洋服なら外出着程度、和服なら訪問着かつけ下げが適当です。

着なれない振り袖でコチコチになるより、着なれたスーツかワンピースでのびのびと振るまえるほうが良策です。

場所柄にふさわしいか、相手とのバランスはどうかなど、仲人にアドバイスを求めるとよいでしょう。


・見合いの席次
付き添い人や仲人もまじえて話がすすめられるよう、当人同士が隣り合ってしまったり、逆に、距離が離れすぎたりしないよう気をつけます。

また、お互いがよく見え、できれば女性が美しく見える場所を選びます。

斜め前方からの光は、彫りの深い顔に見せる効果があります。


大橋直久(ホスピタルマナー)



同じカテゴリー(マナー)の記事
 「仏前結婚式の進行 その2」 (2018-05-26 09:57)
 司会者のマナー (2018-03-09 14:25)
 「結婚のお祝いの品物の包み方」 (2018-01-18 08:00)
 「両親の結婚式・披露宴にのぞむ服装 その1」 (2017-12-08 16:12)
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)
 「ビュッフェやカクテルの披露宴では、お客は帰りの挨拶をしないほうがよい」 (2017-08-18 07:30)

Posted by 大橋直久 at 12:00 │マナー