2017年06月02日

「洋風披露宴の進行のしかた その2」

(11)余興
時間に応じて、招待客の中の何人かにお願いしておきます。

(12)花束贈呈
祝辞や余興がすみ、披露宴の終盤にさしかかったところで、新郎、新婦から両家の両親に花束が贈呈されます。

この演出は、ウェディングケーキへの入刀やお色直しと並んで、現代の披露宴には欠かせないものになりました。

新郎は新婦の両親に、新婦は新郎の両親に感謝をこめて、花束を贈ります。

新郎、新婦と両親の感動が参列者にも伝わり、披露宴のエンディングにふさわしいシーンが展開されます。

なお、花束贈呈は必ず行なわなければならないものではありませんから、省略してもさしつかえありません。

大橋直久(ホスピタルマナー)




同じカテゴリー(マナー)の記事
 「見合いの服装・席次」 (2018-08-20 12:00)
 「仏前結婚式の進行 その2」 (2018-05-26 09:57)
 司会者のマナー (2018-03-09 14:25)
 「結婚のお祝いの品物の包み方」 (2018-01-18 08:00)
 「両親の結婚式・披露宴にのぞむ服装 その1」 (2017-12-08 16:12)
 「聖バレンタイン・デーの由来」 (2017-10-20 15:55)

Posted by 大橋直久 at 14:18 │マナー